読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雀色時の記録

鑑賞・創作の覚書きです※後日、加筆・修正あり!

「夢で会いましょう」

村上春樹・糸井重里著 1986年初版 新潮社(文庫) 村上春樹と糸井重里による短編小説、エッセイ、コラム集。2人の掛け合いになっているところが面白く、改めて読むと、この2人って似た雰囲気の文体で書くよなぁと。持ち出すネタに個性が出てるので、読むと…

「ダンス・ダンス・ダンス」

村上春樹著 1988年 友人の名刺に書かれたフレーズから、読みたくなって一気読みしました。ただひたすら”何か”をし続けるしか生き延びる術がない時期があること。どん底の孤独と向き合うこと。どちらもどうしようもなく苦しい。それでも、出会う人との交流に…

「ムーミン谷の夏まつり」

季節ごとに無性に読みたくなる本があります。梅雨が明けて、いよいよ夏本番だなと思ったら、もう頭の中はムーミンモード!早速今日読みました。毎回思うのですが、本当にみんな自由すぎて、会話もかみ合ってないし(特にムーミンとスノークのおじょうさん)…

鴨川デルタ

リフレッシュしたい時、ぼやぼや~っとした時。近所の高野川を眺めに行きます。その高野川と鴨川の交わる場所が、鴨川デルタと呼ばれる三角州。下賀茂神社や駅が近いのもあって、沢山の人(主に家族連れ)で賑わっていました。私は読書でもしようかと試みま…

オケピ!

2003年版 三谷幸喜作品 ミュージカルって好き嫌いが分かれるところですが、舞台(ライブ感)、言葉(名言が響く!)、音楽(感情に訴えかける)が重なって、本当にいいものです。2001年(?)版はハープが大好きな松さんだったそうで、ぜひ見てみたいなぁ。D…

食べない粽(ちまき)

八坂神社へお参りに行ってきました。祇園祭真っ只中なので、物凄い人混みで…。ご近所の玄関先に飾られた粽がずっと気になっていて、調べてみたところ、祇園祭で山鉾ごとに作られるお供え物で、中身は入っていません(フェイクちまき)。元々、疫病を払うこと…

「俺たちのBL論」

サンキュータツオ 春日太一共著 2016年 かねてから興味のあるBL…その入門書?というか、もし偏見のある人が居るとすれば、お勧めしたい一冊です。個人的には、”腐女子の作り上げた妄想の世界”というのに、反応してしまいました。妄想力って、突っ走っちゃう…

ハリーポッターシリーズ

最近、せっせと映画版を見直しています。金曜日の夜なんて、気が付いたらトップ画面に戻っていたりして…(寝てます)。ファンタジーの世界観に、未だわくわくするし、ハリー達を必死に応援してしまいます。見ていて思うのですが、シリーズ後半に向かうにつれ…

「好きな果物の話」

芥川龍之介全集 第12巻収録 何かの雑誌に寄せられたエッセイ。次々と果物を挙げて、語っているのですが、その描き方が本当に美味しそうで。一つの果物につき、2~3行の短さなのに、瑞々しさが伝わるし、何となく全体にお洒落な空気感が漂います。 文章って不…

物語に託すということ

Persuasion「説き伏せられて」 Jane Austen 1817 「結婚」に対して一貫した態度を貫いてきたオースティンが、唯一描いたラブロマンス。主人公のアンは、賢くて聡明で、感情押し流されることなく、いつも冷静な判断を下します。そんなアンが、かつて恋愛結婚…

梅雨入りなの?

ひどい 不意打ちだわ 洞窟の生き埋めよ 空が落ちてきたみたい! ー「耳をすませば」雫 本を読んだり、映画を観たりしていて、ふと、このフレーズを思い出すことがあります。その時は、大抵、「なにこれ?ちょっと!すごくいいじゃないか!」って、私的には物…

新しい靴を買わなくちゃ

監督・脚本 北川悦吏子 プロデュース 岩井俊二 2012年公開 オールパリロケ!セーヌ河に、ノートルダム寺院、エッフェル塔に凱旋門!もう、本当に、(今すぐにでも)パリに旅立ちたくなる映画です。中山美穂の喋るフランス語、とってもカワイイし!憧れます。…

リリイ・シュシュのすべて

岩井俊二監督 2001年公開 ”なりたくはない自分”になってしまった(ならざるを得なかった)者たちは、本当は誰かに救ってもらいたくて、自分ではどうしようもなくて、もう後戻り出来ないところまで陥っていて。。その唯一の救いの手が、リリイ・シュシュの音…

それぞれの”土地”について

旅行が好きです。旅行までいかなくても、電車で少し遠出とか、徒歩でいつもと違う場所に行くとか、そういうのも大好きです。その時に、なんか根拠はないけれど、「ここは居心地がいいなぁ」とか、「一時的に住むのもありだなぁ」と思える土地、また、その逆…

”創作”意欲

文章を読んだり、勉強をしたり…。頭を使うと、体力的な意味とは違うところで疲労が溜まります。そうすると、もう、完全に”煮詰まった”状態になって、「誰かとしゃべりたいなー」ってなるのですが。。いかんせん、一人暮らしなのでそういう訳にもいかず。 そ…

Pride and Prejudice

「高慢と偏見」 2005年公開 学生時代、ジェーン・オースティンの小説を題材に、卒論を書きました。指導教官からのコメントは…だったし、今思い返すと、意味不明な英文をつらつらと(恥ずかしげもなく!)書いていたものだから、まぁ、先生も困ったことでしょ…

”自分のため”に作るたのしさ

昨夜は、かるい熱中症により、大変でした。 あれにはもう二度とかかりたくない…。 原因は分かっています。 ・真夏日の炎天下の元、帽子も被らず自転車で爆走。 ・熱い温度のお風呂で長湯。 気を付けましょう! 昨日はかぼちゃのポタージュ(写真左奥)、今朝…

再考・リップヴァンウィンクルの花嫁

覚書です(もう、この作品にのめり込みすぎです)。 ・タイトルについてリップヴァンウィンクル(真白)、花嫁(七海)時空を超えた海外版”浦島太郎”→新宿で突如姿を消し、時間を置いて、”偶然にも”再開する真白と七海。 ・アプリがあるにも関わらず、道(方…

耳をすませば

発作的に見たくなって、年に数回は見る"耳すま"。前回見たのは、確か去年の12月。。深夜に友人と見たのが最後だったはず。午前中に鑑賞し、浸りました。やっぱりいいです。何がって、雫の天然っぷり、図書館大好き、仲良しの夕子ちゃん(カワイイ!)、、挙げ…

Love Letter

岩井俊二監督作品1995年公開 婚約者を事故で亡くした主人公・博子の、ちょっとした”いたずら”から始まる物語。 (私的)キーワード・小樽市・(北海道の)大雪の日・初恋(中学時代)・図書委員&図書室という空間・同姓同名・”秋葉さん”という人物・パパ・祖…

幸せのひととき

昨日、妹と食べた星野珈琲のホットケーキ(#^.^#)幸せでした〜。ファストファッションを数点買い物して、おいしいものを食べて、"熱く"語る。これだけで、、と言うか、これが!いいんですよね。心が充たされます。 渋谷は、いつ行っても人でいっぱいで。人を…

憧れの空間

所有物は必要最小限でいい!と思っている私ですが(その分、お気に入りたちに囲まれていたい^^♪)、どうしても、所有していたい欲が強いもの…それが、本です。いや、それでも、買うかどうかはギリギリまで粘るし、厳選しているつもりなのですが…。将来は、(…

新海誠監督lover

うわ~! なんとも。。。 熱すぎて、眠気も吹き飛びました! shiomilp.hateblo.jp shiomilp.hateblo.jp 分析の結果、私は「言の葉~」の孝雄君と、「秒速~」の明里を足して2で割ると趣味が合いそうです♪…いや、貴樹の図書館チョイスもなかなかに熱い!うわ…

BABY METAL革命

~少女たちは世界と戦う~完全版 5/7放送 いつからか好きになっていた、カワイイメタル3人組♡ 容姿、カッコイイ雰囲気、服装、そして何よりも音楽と激しいダンスが大好きなんですよね!彼女たちについて、調べていたり、詳しく知っている訳ではないけれど……

「題名のない音楽会」

毎週たのしみにしている番組です。 朝ごはん食べ終えて、紅茶orカフェラテを準備して、 鑑賞するひと時が至福なんですよね! テーマがあるので、為にもなるし。 今日は、アニメーション音楽!萌えました! うわわ~!まどかー! 作曲家の田中公平さんの一言…

ライオンと魔女

C.S.Lewis:The Lion, the Witch and the Wardrobe,1950 瀬田貞二訳 1994年第21刷発行 ここ数日は、「ナルニア国物語」再読daysとしています。第1作目の「ライオンと魔女」だけは、原書版もあるので、気になるフレーズを重ね合わせているのですが…。 これは、…

リップヴァンウィンクルの…(2回目所感)

昨夜スカパーで放送された、serial editionを視聴しました(wankonariさん、ありがとう!)。本編を6分割し、映像の追加・再編集がなされた、ある意味、映画とは”別物”仕立て。「あー、あのシーンはないのか!」と思う反面、「こんなサイドストーリーもあっ…

職業としての小説家

村上春樹著 2015年9月刊行 雑誌連載記事をまとめた、著者の最新?エッセイ。 色々考える(心に残る)ポイントがあり、満足感の残る1冊でした。 【覚書】 epiphany:(真理・事件などについての)突然の顕現、直感的把握、悟り、ひらめき(about)「ジーニア…

家、ついて行ってイイですか?

深夜時代は欠かさず見ていました(録画で)。 終電を逃した人に、「タクシー代をお支払いするので、家について行っていいですか?」と無茶振り(?)する、ドキュメンタリー番組。こんなの、「いいよ!」って言う人いるのかなぁと思ったら、結構居るんですよ…

Romeo and Juliet

ラヴロフスキー(振付師)版をブルーレイにて鑑賞しました。 忘れないうちに、覚書です。 *** ・オケピと会場の雰囲気が荘厳!(生で見たら、絶対倒れる。鳥肌全立ち!) ・ジュリエット(ヴィシニョーワ)の”華奢”で”女性らしい(しなやか)”なバレエが…

お買い物day

今日は、朝から母と出かけてました。 家電や服、キッチン小物類を見て回り、大満足です(^◇^) ランチは、自然食のバイキングをしました。 (窓際の席で、眺めがよかった~!) ついつい食べ過ぎてしまいますが、まぁ、そこは”自然食”だから、いいよね! デザ…

トムは真夜中の庭で

philippa pearce:Tom's Midnight Garden,1958 岩波少年文庫 高杉一郎訳 1996年第37刷発行 読了後、立ち上がって拍手したくなる程の充実(高揚)感がある一冊でした(注:本当にはしてないよ)。本当なら原文で読んで、英単語のチョイスを楽しむのが、より心…

私の夢

Anastasia - Journey To The Past English (Lyrics) (BluRay HD) 朝からぼやぼやと考えごとをし、 気が付いたら、もう10時\(@O@)/ やりたいことなんてさ、際限なくある訳で。 おそらくこれからも興味の赴くままに、増えるだろうし。 でも、突き詰めてい…

そして、また、眠る。

昨日食べた、イタリアのマシュマロ(*'‐'*) 私って、どうも眠い。 起きてる(活動している)時は、その分、頭が働く。 人の思考についていこうと(半ば)必死。 だからこそ、何も考えなくていい時は、ひたすら眠い。 でもそれ(ついていきたい衝動)は、私に…

本を読んで”泣く(涙する)”ということ

昨日、今日と、短編集を読んでいて、その中の3編が今の私の心に染みたみたいで、 気が付いたら自然と涙が流れていました。happyendingだし、一瞬だけ「なぜ涙?」って振り返ってしまうのだけど。。理由は簡単だよね。 思い返せば、昔(4、5年前くらい?)は…

子ども読書の日

本日(4/23)は、色んなメモリアルdayが重なる、素敵な一日です。 中でも、「子ども読書の日」は図書館に関わる者として、 ついつい意識してしまう(意識したい!)日なのです。 【由来】読書活動に関心と理解を深め、 とりわけ”子ども達”への読書推進活動の…

メモリアル

絶賛?実家でダラダラ中です。 ここ数日は、英文学史に名を残す小説家、your majestyのお誕生日だったり、 紅茶の日と、私の大好きな英国絡みの記念日が続いて、 私自身もなんとな~く、happyな気持ちです。 公式的?には、「子ども読書の日」(23日)を大プ…

帰宅from東京

実家に帰ってきました! しかし、母は仕事で、父は単身赴任だし、 出迎え人ナシ!r(^^;) しょうがないから、自室ライブラリーから、 持っていきたい本を段ボールに詰めていました(また荷物増えた)。 実は私、大学に2度行っているのですが、 最初の大学で、…

ここ最近の自分への所感

本日をもって、東京でのお仕事一区切りでした。もう、感謝の言葉しかありません。非正規雇用だったので、良い点、悪い点、色々思うところはありました。それでも、大好きな”司書”の仕事を、その立場から体感出来たことは良い経験になったと思います。なぜ”非…

休日の上野探検隊

春の嵐の中、上野に行ってきました。何度来てもいいですね。芸術と、アカデミック、そして動物園。とても好きなエリアです。目的だった、国際子ども図書館の企画展「現実へのまなざし、夢へのつばさ ~現代翻訳児童文学の半世紀~」は期待以上に素晴らしかっ…

The Rescuers

「ビアンカの大冒険」が大好きです。原作(日本語版)は、本当に児童書なの?っていうくらい、暗いタッチで、割とまじめに物語が進んでいく感じが、私はします。でもその”大人っぽさ”が子どもながらに背伸びした感じがして、嬉しかったり。 原題からも分かる…

お誕生日!

おめでとうございます^^ 誰って?エマ・ワトソンさまです。 ハーマイオニーの頃はとってもlovelyで、smartで! 大学生になって、今は女優業とフェミニズム的な運動?もなさっていて。すみません、やんわりとした情報しかないのですが…とにかくファンです。…

ぼくの小鳥ちゃん

江國香織著 1997年初版 段ボールに詰めながら、つい読み返してしまう本たちがあります。特に、江國さんの著作はぜんぶと言っていいくらいに大好きなので、止まりませんね。私が「冷静と~」に並んでお気に入りなのが、「ぼくの小鳥ちゃん」です。群れから離…

A to Z cafe

お昼休みの重なった7人で、ランチしてきました。表参道にある奈良美智さんのカフェレストラン(夜はお洒落な居酒屋さん風になるそうです)!私は、待ち受け画面にするくらい、奈良さんの描く女の子が大好きなので、もう、興奮で食事が喉を…ご飯山盛りをかる…

ばたばたしてます…。

改めて思ったけど、、引っ越しの準備って大変だ~! 物って知らぬ間に増えてる…。 別に助けてほしい訳でもないけど、 誰も「手伝おうか?」とか言わないし(親も…)。 Come, lady, die to live. -Much Ado About Nothing 東京での生活に、ねこかんむり。 *…

モモ 

時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語 ミヒャエル・エンデ著 タイトルが凄くシンプルなだけに、サブタイトルの長さがインパクトのある作品ですね。イラストがモノクロ(版画?)だったり、モモの住む世界があまりに単調…

fish in the pool

「キットカット」 x 「花とアリス殺人事件」スペシャルコンテンツ 岩井監督自らが作詞したそうです(単語のチョイスがカワイイ)。 通勤時のBGM率No.1です。 なので、言語のままで音として頭に入っている(意味を考えながら聴いていない)のですが、今日の帰…

猿之助、比叡山に千日回峰行者を訪ねる

春秋社2016年1月第1刷発行 市川猿之助、光永圓道の対談集。最近興味を持ち始めた”仏教”に、こういう形から入る(知る)のが馴染みやすいのかなと思い、読んでみました。まさに、導入にぴったりです。対談なので、すらすら読めますし。勿論、「え?」という箇…

映画版・白ゆき姫殺人事件

原作:湊かなえ著「白ゆき姫殺人事件」 2011~12年「小説すばる」連載、同年単行本化 著者初の電子書籍化作品 映画版、2014年公開 *** For sweetest things turn sourest by their deeds; Lilies that fester smell far worse than weeds.ーどんなに美し…

ゆるゆると…

土曜日のこのゆる~い時間帯、いかがお過ごしでしょうか。私は今日は体調激わる(女性の日のあれ)にて、本当にゆる~く、、寝てました。ほんと、正直、何のためにと思うこともあるこのイベント(?)を当然ながら男性は経験することがないのですよね。当然…