読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雀色時の記録

鑑賞・創作の覚書きです※後日、加筆・修正あり!

「夢で会いましょう」

村上春樹糸井重里

1986年初版

新潮社(文庫)

 

村上春樹糸井重里による短編小説、エッセイ、コラム集。2人の掛け合いになっているところが面白く、改めて読むと、この2人って似た雰囲気の文体で書くよなぁと。持ち出すネタに個性が出てるので、読むとどちらが書いたかはしっくりきますが。ジャンルは色々ですが、私は短編小説に感動しました。一読すると、「何のこと?」って思うのに、後からじわじわと言いたかったことが伝わる(気がする)し、それをたった数ページで表現するなんて!

 

ある人が言いました。「ダイレクトに書くのって、危険だよ。」うーん、今ならこの意味が少し分かるような気がします。